ブラック

7月新たな部署でスタートそして大きな変化

部署移動する前に

話は部署を移動する少し前からです。
立ち上げのチャンスをもらってそれを活かせなかった。
他の部署で優秀な方々が来て立て直ししてもらった。
自分のちからが及ばず、悔しくて、それでも毎日営業に出て、帰ってきて報連相して、トーク練習して、毎日怒られてを繰り返しました。毎日労働18時間~20時間くらいが普通でした。
メンタルがやられました。自殺しようとも考えましたが、そこまでの勇気は無かったです。
なのでリストカットをすることにしました。

「自分を傷つけることが気持ちいい」

はい。完全にやばいやつです。(笑)
リストカットをしているうちに人は切っても簡単に死なないと思い始めて、上司にいつも通り怒られているときにふとカッターを手に取り、カッターの刃を出し入れしてよくない事を考えていました。
上司はそれを察知したのか「とりあえずカッターを置け」と注意されたのを覚えています。
それから少しして移動の話が出ました。

偉大な先輩

結論を先に書いて置くと、社会人の基礎、営業の基礎等の会社で働着方、社会での生き方の基礎を教えてもらいました。部署移動して出会った上司が偉大過ぎて心が軽くなりました。
移動して「初めまして」と挨拶をして一番の驚きは、その部署の雰囲気が良すぎたことです。
夜は部署のみんなで飲みに行き、仲良くなる場を作ってくれました。
翌日から現場に入り、そこからいろいろな基礎を上司に教えてもらい、営業の件数も取れるようになり、取引先との交渉の仕方も覚え、やれることが多くなりました。
自分が成長していることを感じることができました。
そのような日々が約半年間続きました。

環境はとても大事です。

このとき出会えた上司には感謝しかありません。

また移動

ある程度成長してきたときに移動の話が出ました。
今度は、管理職として部署を立ち上げ回してほしいとのことでした。
部長がいて課長(建前上)として私が入るという形で提案されましたが、当時の自分は自信があったので受けました。

移動後

移動してすぐはとにかく頑張りました。営業マンが働きやすいように準備したり、取引先を交渉したりとにかく良くしようと頑張りました。

4カ月目で心が折れました。

思うように業績が上がらなかったのです。管理職として回されているので、当然怒られます。営業マンのメンタルケアも私なりですが、頑張ってモチベーション管理をしていたつもりです。結果が出ていないのでやっていたことが違ったのかもしれません。

暴力当たり前

営業件数の数は取れるが、クレームがめちゃくちゃ多いという人もいて(私の上司です)、「クレームが多いのはお前の指導が悪いからだ」と本社に呼び出されてボコボコに殴られたこともあります。
殴られたあとは「営業だから、顔は殴らないであげた。ありがとうは?」と言われたことも覚えています。
いろいろなことに耐えてやっていましたが、心が折れました。それが4カ月目です。

ついに心が折れる

折れたあとは、めっちゃ頑張ってる”風”でやりました。
怒られないために言い訳をめちゃくちゃ考えました。
意識低下されていると思われると意識上げと言って上司から「頑張ろうな!」的な電話がかかって来たり、本社へ3時間程かけて行かないと行けなかったりとめんどくさかったので、意識高いふりをして頑張ってしました。
そんな中ある出来事がありました。

駐車場

会社で車を購入することになったのですが(営業で回るのに必要)、早急に必要だから早くしろだななんだのと、かなり急かして納車させていました
関係があったディーラーさんのようで、納車はすぐにしてくれていましたが、駐車場を確保していなかったのでコインパーキングに止めていました。

高速道路でパンクして・・・

ある日、営業が終わり本社へいくことになっていたため購入した車を使い高速道路で本社へ行きました。行きは大丈夫だったのですが、帰り道、車がパンクしました。
すぐにJFAを呼び、車に積んであった呼びタイヤで交換したのですが、問題がひとつ見つかりました。

名義変更がされていない

車は中古で買ったのですが、名義変更がされていなかったのです。
ディーラーの方に確認すると、「車を買った際にとにかく急げと言われたので整備してすぐに渡した。名義変更はそちらでやると聞いていますが?」と返答がありました。
何も聞いていない私は、本社へ確認します。
本社からは「それなら名義変更行けよ」と言われましたが、名義変更などやったことが無いのでやり方がわからないのでやり方を聞いたら、「そんなの自分で調べろ」と電話を切られました。
陸運局に行き、名義変更をしようと思いましたが印鑑がないためできませんでした。
このことを本社に言うと、確認すると言われそこから連絡がありませんでした。連絡しても確認するとしか言われなかったです。
この間約5カ月ですが、ずっとコインパーキングに止めっぱなしでした。
2か月くらいだったかな?レッカーで移動されました。
ちなみに金額は約16万ほどでした。
このパーキング代の件でも会社と揉めています。
最終的には自腹になっています。

駐車場を確保していなかった理由

駐車場を確保していなかった理由として、本社課長の許可が下りなかったからです。申請→課長→部長→役員→役員→経理の順で申請が通ります。
その時にいたところは雪国だったので、営業マンの怪我や、営業に必要な機材の破損を防ぐために、寮がるマンションの真向かいにある駐車場を私は抑え申請しました。
月極で12000円でした。拒否された理由としては高いという理由でした。

理由を伝えるも・・・

雪国で足場が不安定であること、毎日使うので駐車場が遠いと事故のリスクも抑えれること、場所が近いので、機材の破損(雨で壊れることも含め)の可能性も抑えれることは伝えましたが許可はおりませんでした。
逆に提示された条件が月極で高くても6000円以下。
探し方が甘い。もっとちゃんと探せでした。
この条件に関しては、現場の人間と話し合い、駐車場は近いほうがいいということでもう一度これだけのリスクがあるから12000円のところに決めてくれないかと相談しました。
結果はだめでした。
諦めて違う場所を探し始めましたが、どうしても納得行かず、役員に直接相談しました。

独断で判断されていた

すると「何も聞いていないけど何それ?」と言われました。
ことの経緯を話しましたが、いろいろ思うことがありました。

”ちゃんと報連相をしろ”

私がこの会社に入ってずっと言われていたこと、

  • 「報連相をしないからお前は・・・」
  • 「なんで言わないんだ」
  • 「些細なことでもちゃんと言えよ」
  • 「報連相は社会人として当たり前だろ」

など散々言われてきたのに、
「あれだけ散々言って、怒ってきて、殴って来たのに、お前(課長と部長)らもやってねぇじゃん。」と私は率直に思いました。
勤めて約3年。この時辞める決意が固まりました。

決意後

こうなればもう後は早いです。
本社に言われた通り、6000円の駐車場見つけました。
自転車で15分です。
これに対して、本社の課長と部長は「やればできるじゃん。会社の経費を6000円節約したのは偉いぞ」です。
雪道を自転車で15分も走ることの大変さと危険度がわからないのでこのようにいってきたのだと思います。また辞めると言ってからは手のひら返したように優しくなりました。
本社の課長と部長に呼び出され行くと、「状況をわかっていなくていろいろ言ってごめんな。もう少し会社にいてくれないか?」と謝られましたが、そんなこと聞きたくないし、手のひら返しが逆に腹立ちました。
辞める意思が変わらないことを伝え約1カ月後辞めました。
いろいろと省いていることがありますが、これが私の最初の会社での出来事です。
勤めて約3年の春ごろの話です。

また次回・・・