仕事

行動を起こせない主な理由と対策と考え方

独立したい、会社止めたい、ビジネスを始めたいなど、なにか行動を起こしたいのに起こせない。

同じように考える人がいるのでは?と思い、行動ができない主な理由を書いていきます。

社会の目を気にする

行動をしたいと思った時に、何を考えますか?
私は周りの目を気にしてしまいます。

  • 夢のためにアルバイト生活をすることに対する周りの目
  • いい歳して会社で働いていないの?と思われる
  • ニートで生活しているらしいよと言れること

など理由はいくつかあると思いますが、”いい歳して会社で働いていないの?”が特に気になります。

会社で働かない=悪い

みたいな風潮ってありません?
もちろん親に寄生しているニートは別として、目標が在ってバイトして生活すること自体は悪くありません。

むしろ良いことです。
でも周りは何も”知らない”から悪いというような言い方をしてきますよね。

ごめんなさい。

私も言っていた側でした。

言っていた理由

  • 自分ができない、やったことない
  • どうせ無理と経験がないのに決めつけて言葉にしていた
  • 相手の力量を勝手に判断して言っていた

この3つが理由です。
”勝手に”型に相手をはめ、「お前じゃどうせ無理」と判断をしていました。

ただの妬み、僻みです。

このように言っていたからこそわかることもあります。
私が行動をしたいと考え行動を開始した時にも

  • お前は他では通用しない
  • 会社で勤めることが1番良い
  • ビジネスなんて絶対騙されてるって

とマイナス発言が半端なかったです。
これらは、”僻み、妬み”から来ているものです。

気にしないで良いです。

もしそれでも引き留めがあった場合は

「私が生活をできない場合に陥った時には、〇〇が生活のすべてを保障することをここに誓います。」

このようなきちんとした書類を作成してサインしろと言ってみてください。
目標に向かい行動をしようとするあなたの邪魔をしているわけですから当然のことを求めてください。

手のひら返して、「もうどうなっても知らない。勝手にやれ」と突き放してきます。
これで枷はなくなります。

生活を気にする

会社を辞めると生活ができなくなると思っている人がいると思います。
私も借金があるので簡単には辞めれないです。

  • 親には迷惑をかけたくない
  • 金融機関、友達にもお金借りたくない
  • 今辞めれるほどの貯金が無い

根っこにはこのような考えがあります。
だから辞めれないって答えにいきつきますが、ちょっと待ってください。
生活に必要なお金をきちんと割り出してください。

行動を開始するということは、勉強を開始すること。勉強期間に多少の息抜きはあっていいと思いますが、基本は勉強です。
つまり最低限の生活ができればいいです。

最低限の生活をするとしたら

  • 携帯代(5000円)
  • 食費(500×30日=15000円)
  • 家賃(実家に帰れば0円、家にいくら入れるわ相談)
  • Wi-Fi代(4000円)

くらいではないでしょうか。
家賃のことは家借りるとして仮に5万円に設定しておきます。
合計で7万円です。

7万円稼ぐためには時間で換算すると何時間になるか。
時給1000円として70時間です。(所得税の計算は省いています)

1日に5時間×週に4日×4週間=80時間

少しオーバーしますが、これで最低限の生活ラインは守れます。
会社で馬車馬のように働いている人からしたら楽勝ですね。
労働も楽、勉強の時間も取れる、睡眠時間も取れる、勉強の期間とするなら最高環境ですね。

生活は成り立つと思います。
他人の目を気にすることはないです。
表ではいい歳こいた人がアルバイトで生計を立てていると思われても、裏では目標に向かって勉強しているわけですから堂々とバイトしましょう!

先の世界が見えていないので行動できない。

全く知らない真っ暗な部屋に1人で入るのは怖いですよね。
広さはどのくらいなのか?床は抜けない?窓は?カーテンは?壁は?ドアどこ?電気の場所は?水道どこ?トイレどこ?

見えないから怖いですよね。

この感覚は初めて、社会に出て働く人は全員感じることだと思います。

”何をしたらいいのかわからない”

この感じ1度は経験したことありますよね?
でも会社に勤めていくうちに社会という世界が見えてきて、この会社ではこのように仕事をしていけばいいのかとわかってきますよね。
行動を開始する時も同じです。先が見えないから動けないだけです。

会社に入る時は先が見えていましたか?

見えてないですよね。
目標を持って入った会社は別ですが、就活しないといけない年齢になったから周りと同じように就活して就職した人は興味がない会社に入ったと思います。
それこそ最初に言った真っ暗な部屋に放り込まれた状態です。

でもそこにずっといるから、部屋の広さがわかる。床がしっかりしていることがわかる、窓の場所がわかる。・・・など部屋の全体が見えてきて怖くなくなります。ただの部屋だとわかります。

もう怖くないですよね?

新しいことに挑戦する行動することはこれの繰り返しです。
誰も先は見えないので怖いですが、やってみると見えない世界が見えてきます。

まとめ

今回は行動を起こせない主な理由と対策と考え方について書いていきました。

  • 会社辞める=生活できないではない。
  • 会社辞める=悪

このような風潮がまだまだ残っているので才能ある人が行動を起こせない、挑戦しないままに会社に埋もれていく人が多いと思います。

個の時代と散々言われています。

読んで頂いた方の背中を少しでも押せればと思います。

今回書いた内容です。
社会の目を気にする
生活を気にする
先の世界が見えていないので行動できない。

ではまた次回。。。