経験から書いた記事

継続と習慣化と数字の3に関して

数字の3って生きている中でなかなか関係があると思っています。
日頃生活をしていても、数字の3はすごく出てくると思います。
この数字の3から学べることを書いていこうと思います。

結論

数字の3と人との関係を理解すれば継続力が身につくと思っています。
挑戦するなら乗り越える壁の設定をしやすくなります。

書いていきます。

数字の3の代表。3日坊主

数字の3は私の中ではマイナスイメージがついています。
3日坊主が私の中では代表的です。
ネットで調べると、”飽きっぽくて何をしても長続きしないこと”とあります。
周りにも1人は絶対にいると思います。
始めるけどすぐに止める人。まさに3日坊主です。

3カ月

3カ月というと何を思い浮かべますか?
使うシーンにもよると思います。
仕事で3カ月、恋愛で3カ月で例えていきましょう。

仕事の3カ月

  • 1か月目 覚えることだらけで仕事に対して一生懸命
  • 2カ月目 要領やコツを掴んでくる
  • 3カ月目 仕事に対して慣れてくる。ここでさぼることを覚える人も出てくる。

恋愛の3カ月

  • 1カ月目 付き合ったばかりで初々しい
  • 2か月目 お互いのことをより深く知る
  • 3カ月目 お互いに知り合い嫌なことが見え始める

大体こんな感じではないでしょうか。
何かイベントがあるとしたら3カ月目が多いって話です。

石の上にも3年

次に3年です。
3年も3カ月と同じ考えで何かあるとしたら3年目ですし、石の上にも3年という言葉ある通り3年続我慢すれば成し遂げられるという考え方もあります。
3年我慢できず辞めて成し遂げれないか3年我慢して成し遂げれるかって話ですね。

数字の3が人に関係しているということは何となく理解いただけたと思います。
3日坊主、石の上にも3年は昔からある言葉ですね。
ここからです。

この数字の3はほぼ全員の人が使っています。

  • もって3日
  • とりあえず3カ月
  • 3年頑張ってみよう

など聞いたことがある人がほとんどではないでしょうか。

つまり何かを始めるとき、これから頑張りたいときは

  • まず3日頑張ろう
  • とりあえず3カ月頑張ろう
  • 3年やってみるか・・・

と3区切りを意識してやってみてください。

やり方として、3日頑張ったら、3日坊主ではないとまずは自分をほめる
4日目以降はせっかく3日坊主はしなかったのだからと言い聞かせやる。

1か月続いたら、先月と同じ3日ずつ続けてみようと少しづつ少しづつ伸ばしてください。
最終的に習慣化されいつの間にか続けることができます。

数字の3と人との関係

答えですよね。
何かを始めようとしている人、何かをやろうとしている人。継続できない人達はは3を意識してください。
そして3を乗り越えることを目標にしてください。
知らない間に継続することができ、成長できます。

最後に今回の結論です。
数字の3と人との関係を理解すれば継続力が身につくと思っています。
挑戦するなら乗り越える壁の設定をしやすくなります。