1度読んでほしい!!

トラウマがあっても独立して起業できる!いじめを乗り越えた、起業!!

トラウマがあっても独立して起業できる!いじめを乗り越えた、起業!!

どうも佐西です!
個の時代と言われてきていますね。コロナの影響で社会は大きく変化しそうです。中には、起業をしようと考える人もいますよね。
「起業をしたい!でもトラウマがありなかなか行動に移せない・・・」
起業を目指す人の中にはトラウマがある人もいます。
起業を目指す人の背中を押せるような記事書いていきます。。。

伝えたいこと

トラウマがあっても独立して起業できる
自分を抑えているトラウマを乗り越える考え方

結論

トラウマがあっても独立して企業することはできる

独立したいがトラウマがあり起業できない人はいるのか

答えはいます。私もその1人です。
小学生の時に将来の夢を書いたことがあると思います。
私は自分の会社を持つことが夢でした。中学生の時(当時14歳)にいじめに遭い、”頑張れば頑張るだけ潰される”という教訓を得たので自然と力を抑えるようになりました。おかげで様で15年程無駄にしています。

トラウマが行動できない状態を作る

過去のトラウマは人それぞれではありますが、”行動をしたい→でも〇〇・・・”と何かをしたい!でも・・・とすぐに否定しまう傾向があります。

  • 起業したい!でもやり方わからないし・・・
  • 起業したい!でも人脈ないし・・・
  • 起業したい!でも怖いし・・・
  • 起業したい!でも周りに知られたら馬鹿にされないだろうか・・・

上記のように考えてしまうため、”行動を先延ばしにする。行動ができない”という状態になってしまいます。

トラウマがあっても独立して起業した人はいるのか

答えはいます。
起業をされている人の大半は何かしらのトラウマがあったため起業をするという選択肢にたどり着いた人がほとんどだと思います。
家入一真さんもその1人ですよね。現在はCAMPFIRE代表取締役をされている方です。
高校時代にいじめに遭い引き籠っていたそうです。以下家入さんのインタビューの一部です。

高校時代にいじめられて引きこもりになったことも、当時は隠していました。 でも、やっぱり取り繕うとボロが出て、心がしんどくなるんですよね。自分はカリスマ経営者にはなれないし、僕には僕の経営スタイルがきっとある。いつしか、そう考えるようになりました。

出典:https://employment.en-japan.com/myresume/entry/2019/08/21/103000

他にもマザーハウス社長の山口絵理子さん、OKWAVE社長の兼元謙任さんなどもいじめを経験されている方々です。

独立して起業した人はどのように乗り越えたか

トラウマの乗り越え方は考え方を変える。

生きてくために考えた。結果、独立→起業→会社を成長させることができた。

だと思います。

考え方を書いていく前に、いじめに遭った人たちのその後の特徴↓

  • 引き籠り
  • 思い込み
  • 話せない
  • 人目を過剰に気にする
  • 周りの空気を過剰に気にする

ざっと書きました。この特徴を仮定して話します。

やっぱ無理を作る環境

生きていくためにはどうしても働かないといけません。

  • 親から言われて
  • 親せきから言われて
  • ずっと引き籠っていてはだめだ。働かないと・・・

上記の理由で会社に勤めようと考えると思います。

会社に勤めてから思うこと

  • 人との接し方がわからない
  • 人と話せない
  • 人と会うのがストレス

この3つは絶対に思うことだと思います。
「俺、やっぱり会社に勤めること向いてないや」と思うのは、この3つが原因です。

会社に務めるのは無理ならどうする?

会社に務めるのは難しい、でもお金は生きていくために必要。ではどうするか?
ここで起業が出てきます。アルバイトも結局は一緒ですからね。

「自分が好きなことで月の生活費を稼げればいいな。」

起業理由はこれで大丈夫です。
自分が生活するために自分が好きなことでお金を稼げる仕組みを作るとなるとできそうなきがしませんか?

いじめに遭った人たちは、周りの人が経験してこなかった経験をしてます。しかも、好きなジャンルであれば特化しているのでその辺の人にい負けない知識を持っています。
はっきり言って有利です。

  • 会社に務める→人を気にする、人目を気にする
  • 自分の会社→好きなジャンルで人と話せる、仕事も好きなことをできる

どっちがいいか?って聞かれたら圧倒的に後者ですよね?
だから「好きなことを勉強して知識をつけ起業しよう!!」ということになります。

結論

過去にトラウマがあっても企業している人はいます。
読んでいるあなたと同じように起業したけど・・・と足踏みしている人もいます。
トラウマを変えるためには考え方を変えることが大事です。できない言い訳を探すのではなく、できるやり方を考えましょう。

最後に

最後まで読んで頂いてありがとうございます。
最後に1つだけ書きます。
トラウマを言い訳にしてはだめです。
いじめの経験がある。だから前向きな考えをしにくいのはわかります。
前向きに考えることを避け続けた結果、トラウマのせいにすようになっていませんか?
そこに気づき、勇気を持ち、小さくても1歩を踏み出してください。
その小さい1歩があなたを大きく変える1歩になります。