ブラック

【実体験】2代目はやはり危険!?少数家族経営の会社で注意する点

【実体験】2代目はやはり危険!?少数家族経営の会社で注意する点

佐西です。私は家族経営の会社で仕事をしています。
1度転職をして2社目です。5年程勤めています。
今回は実際に働きながら感じた家族経営で注意すべき点を書いていきます。

働いている会社の環境

  • 飲食関係
  • 約40年続いている
  • お父さんが1人で起業し経営してきた
  • 多い時40店舗経営、別ジャンルでも数十店舗経営
  • 世代交代していて息子が2代目社長(30代)になっている
  • 世代交代のため8店舗に縮小
  • 世代交代後3年で2店舗閉店
  • 他の店舗も順調に売上低下中

ざっくり書くと今の会社の環境は上記の通りです。
では注意してみる点を書いていきます。

会社に親と子の関係を持ってきている

仕事をするということは、赤の他人同士が1つの職場に何人か集まり行うことなので当然意見が分かれることがあります。この意見が分かれた時や、朝礼時のミーティング、会議で子ではなく、1人の従業員として扱えるかがポイントです。

子として接してしまうと子の意見ばかり尊重して、従業員の意見は聞きません。そればかりか子が間違った意見を出したとしても、その意見を通してしまうこともあります。

入社して現場で働くようにならないと気づけないことなので、入社する前から判断するということは難しいです。

入社してからは簡単に判断できるので後にポイントを書いておきます。

社長(子)の仕事の内容を会長(親)が把握しているか

まず話をする前に、親=会長、子=社長ということでこのさきは統一させていただきます。
大手企業や従業員が多い企業は別の話ですが、家族経営で社員数も10人に満たないくらいの会社であれば仕事の内容を把握できます。

社長に引き継いで日も浅いということもあり、会長が会社に顔を出していろいろと教えています。(正確には教えていました。1年ほどで自由にやってみろということで教えなくなりました。)

1年くらい経って、社長の仕事を会長が把握しないようになりました。
社長が公園で日向ぼっこしていようが、路駐して休んでいようが、朝会社に出勤せずに家族と過ごしている、嘘の連絡をして仕事をさぼっていることを全く把握していません。

私がなぜこれを知っているのかは簡単です。
店舗を回っているときに、見つけてしまったからです。

「仕事中じゃない?」と思いラインで社長に「用事あるんだけど今どこにいます?」連絡すると「今本部にいる」と返信が来たり、「(朝本部に出勤した際)今日社長来ないんですね」と従業員に聞いたら「夜仕事入ってるから昼過ぎからくるってよ」といわれたときもありました。ちなみにその日、夜の仕事は入っていなかったです。

引継ぎして日が浅いにも関わらずこのことを会長は把握していません。まじめに仕事をしていると思っています。

従業員を大切にしているか

(会社が)働いて頂いていると思うことがベストだと言いません。働かせてやってるということも違うと思います。バランスが重要ですよね。

バランスを取ることで従業員からも感謝の気持ちが出て仕事対してやる気が出ると思っています。

ここで言いたい従業員を大切にしているということは、簡単です。
店に回った際に、「いつもありがとう。ご苦労様!」この言葉を言ってほしいということです。

店に来る度に何か差し入れを持ってくる人もいますがそれではお金がかかってしまいます。
お金をかければ良いというわけではなく、気持ちを伝えることが大事だと思っています。
従業員を大切にするということはそういうことだと思います。

危険な家族経営の見極めポイント(少数家族経営に限る)

  • 現場をこっそり見学に行き雰囲気と授業員の目を見る
  • 試用期間を使い従業員とコミュニケーションをとり社長の評価を聞く
  • 面接のときの段取り
  • 面接のときの社長の立ち居振る舞い

ポイントはこの4つです。
試用期間は面接後のはなしになりますが、それ以外の3つであれば入社前に判断することができます。

現場をこっそり見学に行き授業員の目を見る

働く環境が良いか悪いかはその場で働いている従業員の雰囲気や目を見ればわかります。
楽しそうにしているのなら良い環境ですし、暗そうなら悪い環境と捉えてくれれば大丈夫です。

面接の段取り、立ち居振る舞い

今の私の会社は社長が直接面接しています。少数家族経営であれば基本は社長がやると思います。この時に感じてほしいのが、段取りと立ち居振る舞いです。

社長クラスであれば、それなりのレベルで行うことができます。
話し方、質問内容、言葉使い。この3つを注意して聞きましょう。
見えていない部分が見えてきます。

試用期間を使い従業員とコミュニケーションをとり社長の評価を聞く

最後は現場に直接聞くということですね。
試用期間であればまだ引き返せるということなので、ここで判断することが最終ラインでもあります。

少数家族経営では、社長との距離が近いので、従業員の評価=真実ですので良く聞くようにしてください。

最後に

私がこの記事を書いた理由は、時間を無駄にしたほしくないからです。
働く場所や環境は自分で選ぶことができます。
家族経営が悪いということを伝えたいのではありません。良いところもたくさんあります。
間違った選択をすると2年、3年と時間を無駄にしてしまいますので、記事を参考にしてもらい、仕事を選んでもらえればと思います。